Life in Paris,  たれくまのつぶやき,  流しのOL

久しぶりに・・・・。Part1

勤労してみました、しかも三つ。

「猫シッター」・「短期事務」・「単発イベント」。

ちなみに事務のお仕事は、あと数日続きます。



今日はそのうち「猫シッター」のお話。

フランスはそろそろヴァカンスシーズンで、早い人はもう出かけちゃっています。

というわけで旅に出る友人に頼まれて、彼女の愛猫2匹をお世話することになりました。

可愛い黒猫マドモアゼルと、黒い貴婦人マダムの「お二人」。

というわけで引き受けたのは良かったのですが、これがまたちょっと大変で!!

というのも、餌をお水をあげてお掃除するだけではなく、朝晩二回の「お薬タイム」があるのです。

マドモアゼルはまだまだ元気な女子ですが、マダムはすでに17歳!!!

二回のお薬をちゃんと飲んでもらわないといけない、しかも朝晩の服用の間には

『必ず12時間以上空けること』という注意付き。

そんな時に限って「お仕事Part2」とか「イベント」が入ってる(涙)。

人気があるのは嬉しいけれど、体は一つ、1日は24時間しかない・・(汗)。

そして最も注意すべきは『12時間のギャップ』。

事務のお仕事への通勤その他を考えると、朝7時半には「猫出勤」しなくてはならず、

逆算すると6時起き、、、、。

「猫出勤」して餌をあげてトイレをチェックして「ちょっとだけ遊んで」最後に「お薬」。

そこから「事務出勤」して業後に2度目の「猫出勤」するも、午後7時半にしかお薬をあげられないので

1時間ほど「仕事(Part4)」(*これはまた先のお話!楽しみにしててね!)して、

午後7時半に「OPERATION」してから「猫退勤」。(笑)

帰宅して着替えてご飯作って(食べて)シャワー浴びて翌日の準備して・・・・

という間に瞼はランデブーを始める・・・。こんな感覚、一体何年ぶりだろう?と。


そんなこんなで終わった、私の「猫との八日間」。

『ちょっと寂しいなぁ、、女子たちたまには思い出してくれるかなぁ』

などと考えつつ今晩お友達にアパートの鍵を返しに参ります。

しかし、「流しのOL」として●十年色々経験していますが、

「猫シッター」は初めて!貴重な体験をさせて頂きました。


さて、次回は「お仕事Part2」のお話!(イベント)にしようかな。

こちらもお楽しみに!

アバター

『流しのOL』として日本を回遊しておりましたが、 なぜか中東へご縁の橋が掛かり気がついたら国外へ。 イエメンを皮切りにエジプトへと流れて行きました。 そしてふと気がついたら現在なぜかParis暮らし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA