中東で働く:イエメン,  各国小話

旅は行ける時に行こう。

パンデミックになって早二年。
自由が制限されてもうすぐ二年。
旅ができなくなってそろそろ二年。
段々と慣れつつある自分もちょっと寂しい。



2020年初頭からのパンデミック・パニックは、

私たちの想像以上に大変で複雑で面倒で、

そして長く続くことになりました。

遡って2010年。

「アラブの春」が始まった中東は、それまで以上に不安定な状況を作り出し、

2011年にはもっとひどくなりました。

中でもイエメンは2014年から隣国との戦争が勃発。

2015年には空爆がひどくなり、とても訪問できる国では無くなってしまいました。



2005年の国際博覧会のご縁からイエメンの旅行会社に勤務し、

10年以上その観光プロモーションを手伝ってきた私のところへは、

「イエメン行きたかったんですよ!」と言うお声がたくさん届きました。

その度に一人心で唇を噛み、「どうしてその時いらっしゃらなかったのか」と、

口から出そうになるのを一生懸命こらえています。


それぞれにそれぞれの事情がある。

誰だっていつでも自由ではない。

そんなことは重々承知していてもなお、

とても悲しい寂しい気持ちになってしまうのです。

パンデミックはいつか収束し経済が回るようになり、旅行も再開するでしょう。

私が住むフランスはもう観光客が押し寄せ、ヨルダンにも観光客が訪れています。


しかし、戦争中とされるイエメンは、いつその国の扉が我々に開くのか

全くわかりません。

「いつか行きたい国」を「次に行く国」へ。

いまから準備をしておいても遅くはありません。

『遠足は思いついた時からが遠足』


さぁ、皆さんは「次」、どこへ行きますか??


アバター

『流しのOL』として日本を回遊しておりましたが、 なぜか中東へご縁の橋が掛かり気がついたら国外へ。 イエメンを皮切りにエジプトへと流れて行きました。 そしてふと気がついたら現在なぜかParis暮らし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA