Life in Paris,  いろいろ

Christmas is coming!

師も走るという、

師走。

私は転がった方が早そうです。


それはともかく、世界中が12月!(当たり前か)

気分はクリスマス一直線です。



フランスでは先月からチョコレートの露出(?)が増えました。

もちろん、いつ食べても美味しいのがチョコレートではありますが、これもやはり冬(寒い季節)のフランスあるあるなのかしらん。
(上)最寄りのMonoprixで撮影。


スーパーのディスプレイも、訪れるたびチョコレートの占める割合がどんどん(どんどん)高くなる。(笑)

上の特設スペース以外でも食料品売り場はどんどんチョコレートに侵食されて行く。(右)


とても寒がりな私ですが、冬は好きな季節。

なぜだかよく分かりませんが、噂によると「誕生日に近い季節が体に馴染んでる」せいだとかなんとか、、。

それと、やはり「個人のワードローブはその人が生まれた季節のお洋服の数が多くなる傾向にある」

とかなんとかも風の噂で聞いたことがあります。

実際、私のワードローブも「なんでこんなに?」と思う数のコートが下がっています。

冬のコートなんて数着あれば良いとは思うのですが、先日記憶を辿って数えて見たら、、

おそらく10着は優に超え、、、20はないよね??(ドキドキ)と言った感じです。


と書いたところで先日の衣替えを振り返ると、

「びっくりするくらい多量の夏服」!!!!

ま、まぁそれはこれは実は「二年のカイロ(エジプト)暮らしのせい」。

という訳で横道に逸れましたが、確実にクリスマスが近づいている今日この頃。

寒さが厳しくなって日々の買い物に出るのも億劫になりますが、

この「寒さ」があってこそのクリスマスなんじゃないかな、とも思ったり。


日本では「恋人たちのクリスマス」だったり「Party Night!!!」だったりしますが、

ここフランスでは確実に『Family Day』。

ちょっとだけおめかしをして、皆んなでダイニングテーブルを囲む。

いつもとは違ったお皿が並び、

いつもよりゆっくりお料理が出され、

いつも以上に会話が弾んだのち、

いつも通りに眠る。


日本で過ごす、お友達との楽しいクリスマスもいいけれど、

静かに過ごす『聖夜』も中々良いものです。

例年なら、家族で集うクリスマス前には

友人だけのパーティも企画されるのですが、

残念ながらまだまだパンデミックが収束しない今

昨年同様パーティもお預けになりそう。


そんな2021年、皆さんはどんなクリスマスを過ごされるでしょう?





アバター

『流しのOL』として日本を回遊しておりましたが、 なぜか中東へご縁の橋が掛かり気がついたら国外へ。 イエメンを皮切りにエジプトへと流れて行きました。 そしてふと気がついたら現在なぜかParis暮らし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA