Life in Paris,  いろいろ

パリジェンヌとオミクロンヌ!

パンデミックが始まって間も無く二年。

これほどしぶとく続くとは思わなかった、

思いたくなかった。


そんな私。

あんなに気をつけていたけれど、とうとう堂々の変身です。

『妖精』に。

あ、いや、「陽性」に。

12月中旬から「近づいて来てるな・・・」という感覚はありましたが、

まさかこんなところで!出くわすとは!!!!


近しい人が「感染した」と連絡して来たのが二週間ほど前。

何も症状がなくすぎる数日。

三日ほど経ってから「あれ?」と感じる・・・「もしや」。

買い置きしてあったセルフテストを使ってみるも「陰性」。


ホっとしたのも束の間、サイド「あれれ?」と感じる。

そして二度目のセルフテストは「妖精」。

最寄りの薬局で抗原検査も、もちろん「妖精」。

完璧な「妖精」に変身!!してしまいました。


そこから気持ちの問題もあってか一気に風邪の症状がひどくなる。

喉の痛み、鼻の違和感、咳(はすくない)、くしゃみ(もほとんど出ない)。

熱は断続的に感じるけど、「高熱」というほどじゃない。

私が一番ひどかったのは「喉の痛み」。


これがだらだらと五日ほど続いて、症状が治まって来た頃に

またもやセルフテスト。

中国製のもの。

箱の中身は

*綿棒(鼻から検体を採取する)

*検査キット(白い袋入り、一つ)

*検査液(透明な袋入り、一つ)

*バイオハザード袋(検体採取後のキットを捨てるための袋)

だいたいこのようになっているはずです。

このセットが秀逸?なのは「箱裏面にある小さな丸い穴」です。

検査の流れを写真で見るとよくわかります。




そう。ここまでは特別難しいことはありません。

強いて言えば「自分の鼻にこの棒を突っ込んでしばらく待つ」のが一番難儀でした・・・・。


で、ここからがポイントなんですが、この検査液の入った小さなプラスチックの容器を

「少なくとも1分ほどおいてください」。

これが難しい!



というわけで、この穴が役に立つのは最終段階でした。

最後に検査キットの指定箇所へ検体(液)を少し流し込み、

結果を待ちます・・・・。

*検査キットによっては穴のないものもあったので、この箱はそのまま大切に保管しています(笑)。

そこからお向かいの薬局へ向かい、恒例の抗原検査へ。

手慣れたものではあるけれど(受ける方も)

やっぱり結果が出るまでははビクビク。


「1時間か、遅くとも2時間以内には結果が届くから」と。

(フランス語はわからないけど私はそう理解した!)

思いの外早く届いた結果は「陰性」!!!神様ありがとう!!!!


というわけでやっとシャバに出られます。

二週間近くおやすみしていたフランス語レッスンにも

やっと通える!!



しかし。

これだけ気をつけていて。

あれだけ出かけずにいて。

それでも「誰とも接触しない」なんて無理。

ウイルスなんて形はなくて見えない、

どれだけ気をつけていても「人との接触」をやめない限りむりなのよねとも。

ともかくみなさま、くれぐれも安全と健康第一でお過ごしくださいませ。

アバター

『流しのOL』として日本を回遊しておりましたが、 なぜか中東へご縁の橋が掛かり気がついたら国外へ。 イエメンを皮切りにエジプトへと流れて行きました。 そしてふと気がついたら現在なぜかParis暮らし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA