ふらんすご。

Feminine vs Masculine…and?

仏語をやるにあたりきっと皆さんぶつかる「性別」。
え?「語学に性別?」と驚く人もいると思いますが、言語によっては
名詞が「女性(Feminine)」または「男性(Masculine)」か分かれています。


というわけで例えば主語も英語の「He」「She」に値する、

『il(イル)』や『elle(エル)』と行った具合に

性別がわかるようになっているのがフランス語です。

が、なんとここへきて【iel】(イエル?)という、上記の「どちらにも属さないもの」が現れ、

フランス語の辞書「ル・ロベール」がそのオンライン版に掲載するというニュースが流れました!

つまり、男性を表す『il』と女性を表す『elle』を組み合わせた単語【iel】という訳。
*興味ある方は「フランス語」「IEL」で検索するとニュースにたどり着くと思います。


もちろん、賛成反対いろいろと意見はあるようで、特に政治家の方が反発しているとか。

個人的には「言葉は文化」でもあり、また「変化していくもの」だと思うのではありますが、

この件に関してはなんとなくモヤモヤしたままでおります。

フランス語学習者からは「いっそ性別がなくなれば(学習が)楽になる!!!」という声もあるそうですが、

それはなんだか極端じゃないかしらん?

しつこいようだけど「言葉は文化」なのだから。

さて、しばらくはこの話題で「Apero」が盛り上がりそうです!

続きをお楽しみに!

今日の一言:「Apero」(アペロ)とは直訳すると「食前酒」、つまり「夕食前の一杯」ってこと。

これもまた、続きはそのうちに。

アバター

『流しのOL』として日本を回遊しておりましたが、 なぜか中東へご縁の橋が掛かり気がついたら国外へ。 イエメンを皮切りにエジプトへと流れて行きました。 そしてふと気がついたら現在なぜかParis暮らし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA